お世話になっている商社さんの展示会に行ってきました。

今年中国で生産された畳表の展示会です。
12

畳表は、農産物です。

年に一回収穫されたイグサで畳表に製織して製品になります。

豊作もあれば不作もある。イグサの品質の出来不出来も毎年違います。

基本的には、供給と需要ののバランスで相場は決まります。

ただ、イグサを畳表として製品に仕上げるのが、上手な工場や下手な工場など、さまざまあります。

同じ重量の、同じの規格の畳表でも、良い畳表を織る工場は人気があり、技術の無い工場は安くしか製品に仕上げることができず、
単価は違います

今年は、中国でも人件費の高騰や燃料その他の経費が高くなっていることを背景に、畳表の相場が高いスタートになっています。

この先、相場が下がるのか?そのまま行くのか?

う〜ん、難しい〜